Sponsored Links

【第5話】

第5話・あらすじ

ジアンの話を聞いてジスは「そんなことは馬鹿げている!」と言って認めようとしません。

同じデパートでバイトをしていてVIP客に膝をついて謝罪している姿を見ていた末弟のジホは、ジアンが財閥の家に行く方が幸せだと認めます。

その後ジアンは実母から送られてお金を銀行で引き出してドギョンを呼び出します。

ビニール袋に5万ウォン札がぎっしり詰まって全部で2070万ウォンを車の窓から入れようとしますが、ドギョンは受け取らないので袋を車のフロントに置いてジアンはタクシーに乗り込みます。

ミジョンが夫テスの出稼ぎ先を訪れ、ランチをとりながら不在中に起った出来事を話します。

拾った子供は実はジスだったのです。ミジョンはジスを手放したくないのと、ジスはソ家にいても幸せだけれど、ジアンは野望もあり財閥の子となった方がより幸せになれると判断して嘘をついたのでした。

またジアンもチェ家に行くことを決めている以上、もう取り返しがつかないと夫に言います。

一方チェ家の家長であるジェソンは、娘を傷つけないためにも彼女を育ててくれたソ夫妻にはそれなりの謝礼を払いたいと妻に告げます。

ミョンヒは娘ウンソクがチェ家に慣れるまで元家族との行き来を禁じて、それなりの謝礼としてフランチャイズ店の契約書をミジョンに渡します。

第5話・感想

やっぱりジアンはチェ家の娘ではなかったのですね。

それなら話に納得がいきます。

それと、今後ドギョンとの恋も期待ができますね。

それにしてもジアンたちの母親はなぜジスではなくジアンと嘘をついたのでしょうか??

いくらその方がジアンのためになるといっても、ジスにより愛着を持っているとしか思えません。

また、ジスは相変わらず片思いの恋に悩んでいますし、そんなジスを見ていると頼りなくて母親が手放せないのもわからなくはありませんね。

Sponsored Links

第6話

第6話・あらすじ

父親は家に帰りチェ家に行ってはだめだとジアンを説得しようとしますが、お金がないことでイヤな思いをたくさんしてきたジアンはもうこんな人生はこりごりだと答えます。

友人の結婚式に出席したジアンは、式場のオーナーの娘であるハジョンに暴行事件の示談金400万ウォンを皆が見ている前で返します。

ハジョンのせいで職を失ったことを知っている仲間たちはジアンにお金まで要求したと思いハジョンは皆の軽蔑の的となります。

一方事故の修理代としてお金を渡されたドギョンはジアンがどうやってその大金を工面したのかいろいろ思案しています。

闇金に手を出したのではないかと心配し、お金を返しに行きます。ジアンと会ってすったもんだのあげく、結局お金は返すことができませんでした。

ソ家の家長テスは嘘で娘を送り出すのはよくないと考えますが、ミジョンは「事実を明かすなら家を出て行く」と夫を脅します。

事故の車の修理代のことが話せないジアンを、ジスはお金目当てでチェ家に行くと誤解してジアンを許せずに絶交を宣言します。

いよいよチェ家を訪れる当日、両親が今か今かと待ち受ける中、ドギョンもいて事実を知らない彼は「なぜ君がうちにいるんだ!」とジアンに怒ります。

第6話・感想

ドラマはまだ最初のパートなのにいろいろ面白くなってきましたね。

これからどんな風に展開していくのか興味は尽きません。

5年ぶりに地上波ドラマに復帰した財閥3世ドギョン役のパク・シフはシリアスな役柄はもちろんですけれど、コミカルな演技も本当上手です。

一言しゃべるだけで思わず笑ってしまうたいした演技力の持ち主ですね。

ジアン役のシン・へソンは「ああ私の幽霊さま」では主役のレストランオーナーの妹役で、車椅子に乗って控え目な女性は積極的な女性役。

とても同じ人とは思えないようで、どちらもハマリ役と思わせる若いのに器用な女優さんです。

Sponsored Links