Sponsored Links

【第7話】

第7話・あらすじ

二人が言い争っているところへミン執事が現れてドギョンはあわててその場を取り繕います。

ジアンはウエルカムで妹からは香水とアロマキャンドル、父からはイニシャル入りの万年筆、ドギョンからは花かごとネックレスと豪華なプレゼントに驚くジアン。

その後ミョンヒに部屋に案内され、ジアンは自分の部屋がソ家の居間よりも広いことに再度驚きます。

荷物を運んできたメイドにありがとうと頭を下げると、ミョンヒは「使用人たちはそうすることによってお給料を得ているのだから、お礼でなくご苦労様と言えばいいのよ」と諭されます。

初めての夕食の席では何本ものナイフとフォークが並べられてジアンは使い方がわからず困ります。

食事中のマナーについても妹ソヒョンから注意されて料理を味わうどころではありません。

翌朝妹ソヒョンと話してドギョンのプレゼントのネックレスの話が出てジアンはそれを自分には合わないからとソヒョンにあげてしまいます。

その後はヘヤーサロンとエステへ行ってすっかりイメージチェンジしたジアン。

ミョンヒはジアンに3000万ウォンを渡しそのお金をすべて買物に使うよう命じます。

そんな大金を使ったことなどないジアンは思い切って高級品を買いますが、それでもお金は減らないのでソ家の家族のために買うことを思いつきます。

第7話・感想

貧乏人からいきなり大金持ちの家に行くプロットは面白いですね。

いきなり大金を渡されても使い道がわからないなんて・・・。

結局ソ家の家族のために買ったものもジスにいらないと全部つき返されてしまいます。

家に帰ってレシートを見せるよう言われ家族に買ったことがバレてしまいますけれど、受け取ってもらえなかったことをジアンは言いません。

ドギョンと同様に私もなぜ事実をミョンヒに言わないのか不思議に思いましたけれど。

Sponsored Links

【第8話】

第8話・あらすじ

ドギョンはジアンが財産狙いでやって来たと思い、ソ家の家族へのプレゼントは買ってもチェ家の家族に対しては思いやりを見せないジアンを非難します。

チェ家の両親はジアンを心から歓迎して喜んでいるのにジアンの身勝手さにドギョンは心底腹を立てます。

ミョンヒは25年離れていた娘がヘソングループの長女として恥ずかしくないよう、フルスケージュールの改造計画をたてています。

ソ家の長男ジテは信用金庫の販促活動で外に出ているときに偶然、残業だと言っていた恋人のスアが他の男とブラインドデートしているところを見かけます。

4年間付き合っていてスアは結婚を希望しているのにジテはウンといいません。販促を終えてカフェの外で待つジテは男と出て来るスアを掴まえて話をしようとします。

二人は人が大勢見ている通りで口論を始めます。ジテは「自分は貧しい家庭の長男で結婚はできない」とスアに告げ、それを偶然に父親は見てしまいます。

ソ家ではミジョンがジスを引き取ったときの写真を見ているところへ、事情を知っている知人のヘジャが来て、その写真の子はジスとジアンのどっちかと聞くとジアンだと答えます。

忘れ物を取りに戻ったジスは母と知人との会話を聞いて母の答えに疑問を抱きます。

そして母に「これは私なのになぜジアンだと言ったの?」と問います。

第8話・感想

ドギョンがジアンの態度に腹を立てるのも無理はないですね。

後にジアンはデパートでソ家の家族へのプレゼントをすべて返品して、自分が考え足らずだったと謝りながらお金をミョンヒに返します。

ソ家の長男ジテは後日スアに正式に別れようと提案しますが好きあっているのに可哀想ですね。

またジスが母と知人の会話を聞いておかしいと疑問を抱きますが、ミジョンは何て答えるのでしょうか?

真実は一体いつどんな風に明らかにされるのか、興味は尽きません。

Sponsored Links