Sponsored Links

【第33話】

第33話・あらすじ

シェアハウスの経営者は何とドギョンの幼なじみの先輩イ・ヨングクでドギョンの入居を受け入れます。

ドギョンがヨーロッパへ行くと思い前回一緒にとったランチが最後だと思っていたのに騙されたと言って怒るジアンに「僕はそんなことは一言も言っていないよ」というドギョン。

とりあえず住むところは確保できてドギョンも一安心です。

ドギョンを身一つで追い出した会長はとりあえず休暇扱いにしていますが、次女夫婦にはドギョンに見込みがなければ夫婦の子供を後継者候補にすると予防線をはることも忘れません。

偽者のジアンが自分よりも気に入られて自分があまり愛されていると思わないジスは、気分が優れずにモグラ叩きをしています。

通りかかったヒョクがもっといいストレス解消があるとゲームセンターに連れて行きます。

猟銃撃ちゲームをしてやっと明るいジスが戻ってきて、ヒョクとは友達としていい感じになってきました。

ソ家の父親テスの親友のソクトゥはテスが最近痩せてきて腹痛や吐き気が胃がんだったときの症状と同じで心配し病院で診断を受けるように勧めます。

結婚したジテの妻スアの妊娠が発覚します。

スアは子供を持つつもりがなく、胎児の心音を聞いても無関心で堕胎手術の相談をジテとします。

第33話・感想

ジアンやヒョクが住むシェアハウスに同居することになったドギョン。

住まいが決まっただけでも一歩前進ですね。

お金がなくても行くところがなくてもドギョンの明るく前向きな姿勢を見ている方は安心します。

ジアンの父テスの具合が悪そうで逆にこちらは心配です。心身共に絶不調のようで、父親としての自分にも自信をなくしています。

Sponsored Links

【第34話】

第34話・あらすじ

それまで考え事をしながらあてもなく街を彷徨い歩いていたテスは、何か決心したように美容院で髪を黒く染め、新しい洋服も新調して生まれ変わります。

ドギョンのジムでのバイト代は5万ウォン、シェアハウスの1泊代金が3万ウォン、オーナーのヨングクはドギョンの真意を確かめるためにもあえて毎日シェアの代金は徴収しています。

食費に交通費を引くとギリギリの生活ですが、ジアンに誕生日プレゼントを買いたくてハウスに帰ってからパソコン仕事まで始めます。

ジアンからのリクエストでシネマ「アナと雪の女王」のチケットを買ったヒョクですが、クリスマス当日ジアンは親友との予定が入りキャンセルします。

ヒョクはジスを誘って映画を見に行きます。ダイニングシネマはジスの夢で好きな人と一緒に行けて大満足のジス。

その帰りに一人カフェに寄ったジスはジアンが高校時代に作ったのとそっくりなオルゴールが置いてあるのを見て、ヒョクが好きな女性がジアンだということを発見します。

仕事から戻ってきたドギョンはシェアハウスのキッチンでジアンに食べさせるための料理を作って完成させます。

親友とのおしゃべりを楽しんで帰ってきたジアンはそれを見て心を痛めます。

ドギョンを探しに行くと彼はバス停でジアンの帰りを待っていました。

ジアンは後ろから声をかけると握り締めた手を開くとそこには可愛いネックレスがありました。

第34話・感想

ソ家の長男夫婦には子供ができたのに嫁は産むつもりはないのですね。

ジテは表向きは堕胎を受け入れているものの本心はそうではありません。

だからクリスマスに二人で遊園地に行ってもスアが振動の大きい乗り物に乗るのを酷く心配します。

ジスはヒョクが好きだった女性がジアンだということを知って傷つきます。

どうしようもないこととはいえ、その事実をすんなり受け入れることは出来ずに苦しみます。

Sponsored Links