Sponsored Links

【第41話】

第41話・あらすじ

ヒョナはムンシクとダヨンとジェヒョンの関係についてアドバイスをしようとしますが、うまくいきません。

外でムンシクとジェヒョンと口論になってしまい、あわや殴り合いかという寸前でヒョソブとミヨンが現れます。

何があったのか問われて咄嗟にジェヒョンは会社で仕事上のトラブルがあってそれを家まで持ち込んでしまったと嘘をついてごまかします。

ユハは病院でウンテの部屋を訪れウンスのために慌てて結婚するのはやめましょうと言います。

ウンテはそんなユハの意見に反発しますが、後日豪華なお弁当を注文してユハの部屋で食べながらユハにプロポーズします。

ある朝ウンテはパク家へウンスを迎えに行き幼稚園に送って行きます。

そこで男の子の友達と抱き合い仲良く手を繋いで園に入って行くウンスを複雑な思いで見送るウンテ。

ミヨンは自分の権利をムンシクに移行してその代わり彼に父親の負債を負うことにさせます。

自分が死んでももうムンシクには何もいかないということを了解させた上で書類にサインさせます。

ジニはミヨンが言った言葉がどうしても気にかかって、ヒョソプの店を訪れます。

そしてユハの過去についてヒョソブに聞くのですが、彼はウンスの出生に関しては口を閉ざしています。

チャングはムンシクとジェヒョンを呼び出し愛娘ダヨンとの関係を問いただします。

ジェヒョンに付き合うのにも結婚するにも家同士の格というものがあるのだと言って怒ります。

ジェヒョンが困窮しているのを見てムンシクは僕が間違っていた、僕はダヨンには興味はありませんと言うのでした。

ジェヒョンがムンシクの母親の婚約者の息子だと聞いて驚くチャング。

ジェヒョンから事の経緯の報告を受けて失恋をしたムンシクをミヨンは優しく抱きしめます。

第41話・感想

ムンシクは内心は優しい人なのですね。

Sponsored Links

ジェヒョンの窮地を救ってその後はミヨンの腕の中で泣くなんて、今までにない一面を見せています。

【第42話】

第42話・あらすじ

ソナは姑であるアミがミヨンにアプローチしてカフェをオープンさせてもらう約束を取り付けたことでアミと話します。

アミはお金持ちであるミヨンが身内であるソナの家族(ギョンスとアミ)を助けるのは当然だと思っていて、とにかくギョンスが第一、実の娘のようにソナを思ってなどいないということを聞いて、ソナは驚きショックを受けます。

ミヨンとアミとの取り決めはヒョソブとの関係もこじらせていました。

ヒョソブとミヨンの考えは相容れずそれぞれ気分を悪くしています。

ムンシクはとうとうジェヒョンとダヨンの関係を受け入れます。

一方パク家の兄弟姉妹はムンシクがディナーに来なくなったことを知ってヒョナが皆に声をかけて、ムンシクが住んでいる家に押しかけて彼の家で夕食を食べる相談をします。

その夜ムンシクの家で皆で食事をしている写真を見て満足げに微笑むミヨンでした。

ソナはいろいろ悩みましたがギョンスと一緒にアミのところへ戻り、ミヨンのカフェの話を受け入れることにしたと言います。

ただしアミに対しもう娘となるべく努力はしない、家事も別々生活費も別々にすることを条件とします。

ヒョソブとミヨンの仲も元通りになり、二人とも愛する相手が自分の一番近くにいてくれることに感謝するのでした。

ジニはウンテとユハの関係がどうしても納得できずに悩みます。

最初はウンテを訪ね、そのままヒョソブの店を訪ねて真相を探ろうとしています。

そこにウンテとユハが加わり、ウンテがウンスは自分の娘だということを公表します。

第42話・感想

結局ソナはミヨンのカフェを受け入れたのですね!

アミとの生活は明確に線引きをしたのは賢明でした。

ウンテはやっと姉にユハとウンスとの自分の関わりの真実を告げました!

Sponsored Links