Sponsored Links

【第2話】

第2話・あらすじ

腕輪を調べさせたナムドゥから漢字で「タムリョン」の刻印があれば今の時代で60億はする翡翠の本物だという情報を得たジュンジェは、拘置所に行き警官に催眠術をかけて人魚を連れ出します。

早速狙っている腕輪に触ろうとすると彼女は身構えて腕輪を確認することができません。

とりあえずその場はあきらめて様子を見ようと街へ連れ出します。

人間社会のことを何も知らない人魚のは見るものすべてが珍しくてたまりません。

ショッピングモールへ行き、彼女に合いそうな靴とピンクのスパンコールのドレスを選んで試着させます。

その間にナムドゥから電話がかかり目を離したすきに人魚は子供たちにくっついてどこかへ行ってしまいます。

あちこち捜して子供たちの遊び場でキャンディーをおいしそうに舐める人魚を見つけてホッとするジュンジェ。

広場にあるレストランでスパゲティーを食べさせますが、食べ方を知らない彼女は子供のように手づかみで食べ始めます。

ジュンジェは隣に座ってフォークの使い方を教えると人魚は喜んで食べます。

デザートのケーキをほおばっているところで、もういいだろうとジュンジェは人魚に催眠術をかけて腕輪を手中に収めます。

ショッピングモールに戻って、ソファに座らせてそこで待っているように指示してジュンジェは彼女の前から姿を消します。

車を運転しながら人魚との出会いを思い、ジュンジェはそのまま見捨てることが出来ずに雨の中を待ち続けている人魚に傘を差し出します。

タムリョンとして最初に人魚と出会った昔の時代、漁師の父親たちが無事に帰還するよう願いを込めて子供たちと一緒に提灯を揚げています。

落ちてしまった彼の風灯を追いかけた岩陰で人魚と再会するタムリョン。

人魚は人間の言葉を話すことができて彼はそのことを人魚に問います。

しかも、人魚は言葉を口に出さなくても心で話すことができると言い、「もし私に会いたかったら海に風灯を揚げて」と言って去って行きます。

Sponsored Links

ある夜いくつもの風灯を揚げてタムリョンの前に人魚が現れた場面で現代に戻ります。

雨の中で座って待っていた人魚を見つけたジュンジェは、彼女を車に乗せ島のパラドールホテルにチェックインします。

カードキーを差し込むと明かりがつくシステムを初めて見た人魚はそれが珍しく何度も出したり入れたりして遊び、シャワーを浴びていたジェウンジェに怒られます。

パソコンを初めて見て画面を通していろいろなものが見られるのに魅了された人魚は一晩中画面から目を離すことができません。

スペインに来る前に大金を騙し取った明洞キャピタル婦人は裏社会に絶大なコネを持つ女性で、詐欺に遭ったことで大いにプライドが傷つけられた婦人は、何としても詐欺師たちを見つけるよう部下に指示を出す。

しかも、いつもは一仕事終る度に携帯を変えているのに今回に限りそれを怠ったためジュンジェは居場所を見つけられてしまい、ナムドゥから知らせを受けてジュンジェは急いで逃げる準備をする。

チンピラに居場所を突き止められ、人魚を連れてスペインの街を逃げ回り、自転車で逃走を測るものの、まるで観光しているかのように楽しい時間を過ごしていたジェジュンと人魚だった。

第2話・感想

チョン・ジヒョンのヒロインとイ・ミンホのヒーロー二人の美男美女カップルは、見ているだけでため息が出てしまいますね〜♪

イ・ミンホのイケメンっぷりは人魚をも虜にしちゃいますから困ったものですね(笑)

それに、人間社会のことは何も知らない人魚が少しづつ知識を吸収していく様子がお茶目で、見ていてとってもかわいいですよね〜♪

それに、そんな人魚を演じたチョン・ジヒョンの演技力もとても上手ですね!!!

そんなかわいい人魚を知らないうちに魅せられていく詐欺師のジュンジェもまた世話焼きで見ていてとっても可愛いので見ていてニヤニヤしちゃいますね(笑)

しかも、自転車で逃走してるのに観光客のように優雅にスペインの街を走り回っている姿が素敵でもあり、面白い場面ですね(笑)

さて、この二人がチンピラ共から逃走できるのか…。

Sponsored Links