Sponsored Links

【第21話】

第21話・あらすじ

ジスは会いに来たジアンの頬をいきなりたたきます。

「なぜ?」と聞くジアンに「真実を知っていたのに何も言わなかった、パパとママと同じようにお金が好きなんだ」と言って非難します。

ジアンが状況を説明しようとしても聞く耳を持ちません。過去の話まで出ますが、お互いの意見は一致することなく相手に怒ったまま決別します。

ソ家の父親テスは警察に出頭するつもりでいましたが、その前にチェ家のジェソンを訪ねてウンソクを見つけたときの状況を説明します。

それは民家も何もない山中の荒地で、ボロをまとってお腹をすかせていたので捨て子だと思い連れ帰ったといいます。

実の妹であるジスに会っているドギョンは、ソ家で他の子供と同じように大切に愛されて育っているから、もし夫婦を警察に突き出せばジスはきっとこの家にはこないだろうと言って警察沙汰にしないよう両親を説得します。

運転手リュの妻に脅迫されているソヒョンはデパートまでジホに会いに行って2000万ウォンで自分を助けるよう交渉しジホはそれを受け入れます。

両親がいなくなったジアンのことばかり気にかけているのがショックでジスは荷物を持ってチェ家に行きます。

「まだ準備ができていない」という母親を尻目にジスはジアンが使っていた部屋に上がり込みます。

ジアンは昔家族で遊びに来た海岸へ来て、ドギョンに二人で撮った写真を送ったあと携帯を海に投げ捨てます。

第21話・感想

ジアンは両親のお金につられてチェ家に行ってしまったことで自分を責め、海を見たあとは山の中に入り、薬を大量に飲んで横たわります。

自殺?ジアンは初めは自分がチェ家のウンソクだと思って行ったのですからね。

それを最初からお金目当てで偽者なのに入り込んだと思われているなんて可哀想すぎます。

Sponsored Links

【第22話】

第22話・あらすじ

ジアンにも腹をたててチェ家に来たジスは部屋が気に入らず模様替えを要求します。

ジアンと違って何の遠慮も配慮もなくふるまうジスに家族は戸惑いを隠せません。

ジアンのことを好きになっていたソヒョンはジスが人違いだといいのにと思います。ウンソクと呼ばれることに反発し自分はジスだと言い張ります。

子供を行方不明にしたチェ家にも責任があるから、ソ家の両親だけ責めるのはおかしいと反発します。

当時ウンソクを連れ出して今回歯ブラシを送ってきた夫婦の筆跡と今回ジェソンが受け取った手紙の筆跡とは一致しませんでした。

ジアンの行方がわからず誰もが皆電話をしたりメッセージを送ったりしますが、携帯は海の中で「電源が入っていません」というメッセージしか流れてこなくて、ジアンの関係者の誰もが心配しています。

一方、ジスが勤めるパン屋の社長ナムグは17年前にヒョクの姉に振られてもずっと彼女を思ってきて、彼女が営むカフェに別人を装って出入りしたりしています。

ジスが彼女の弟に思いを寄せていることを知っているナムグは家具に使う木を地方に仕入れに行くヒョクに天日塩を買うようジスを同行させます。

ローズウッドと天日塩を購入し、帰る前にスルメを買おうと見ていたときにある女性が目に入ります。

そのままソウルに帰ろうとジスとトラックに乗ったヒョクですが、それがジアンではないかと思い、ジスにタクシーで帰るよう行って自分だけ確かめに戻ります。

第22話・感想

ジアンは自殺するつもりで薬を飲んで山中に横たわりましたけれど、きっと誰かに助けられたのですね。

ジスは母親やジアンに守られて天真爛漫に育った分、チェ家でも傍若無人にふるまってビックリします。

ジスはジスで苦しんでいるのでしょうけれど、あんなに好き勝手に振舞っていると同情する気持ちが失せてしまいますね。

Sponsored Links