Sponsored Links

【第43話】

第43話・あらすじ

ミョンヒごジェソンはジスの今後について話します。

ミョンヒはジスを取り戻そうと裏工作をしていますが、ジェソンはウンソクではなくジスの母親になるよう提案します。

以前ジェソンがテスにあって25年前の状況を調べてテス夫妻がもしウンソクを見つけなかったら娘は生きてはいなかったということを発見しそれを妻に告げます。

更にミョンヒが男と密会していたためにウンソクを失ったと責められて、ミョンヒは言葉に詰まります。

その後ジェソンはジスに会って、ジスはそのままパン屋で働いてもいいこと、そうしてもジスの周囲の人たちにミョンヒがもう手を出さないこと、シェアハウスにも住んでいいことなどを告げます。

一方会長はドギョンもジスもこのままにさせておけば、ヘソングループの名声に傷がつくとして、あらゆる方面から二人にプレッシャーをかけていきます。

ドギョンは資金を提供してくれたユ秘書と共に新ビジネス立ち上げで精力的に動き回っていました。

妹ソヒョンから祖父がジアンの両親を訪ねて圧力をかけたことを聞いて、直接祖父に会いに行きます。

そしてジアンとは交際をしないこと、でもグループには絶対に戻らないことを告げます。

第43話・感想

チェ家の母親は何と男と会いに行くときに娘が連れ去られたなんて驚きです。

テス夫妻が見つけなかったらジスは死んでいたという状況にジェソンは彼らに感謝しますけれど、それがまともな親の反応ですね。

ドギョンから戻らないことを告げられて激怒した会長は次にどんな汚い手を打ってくるのでしょうか。

会長の妨害に負けず何とかドギョンにはがんばってほしいものです。

Sponsored Links

【第44話】

第44話・あらすじ

自分の気持ちに正直に生きたいと思ったドギョンはジアンに好きだという気持ちを告白します。

とりあえず結婚は無理だから恋愛から始めようと提案します。

告白を聞いたジアンも素直な自分の気持ちに向き合いドギョンの申し込みをOKしますが、ただし1週間だけ期限付きてデートをしましょうという受け入れでした。

早速普通のカップルがするように地下鉄に乗って、映画を見て手を繋いで歩いてデートを楽しみます。

ミョンヒはジスを諦めることができずにしつこく家に戻るように言ってきますが、チェ家で暮らしていても自分は幸せにはなれないからと、ジスは戻らないことを告げます。

自分の生家に帰って暮らしているテスを子供たちは何やかやと理由をつけて色々なものを持っては訪ねていました。

レストランで一緒に食事をしたり、テスも子供たちが来ることは歓迎しますが、家に帰ってくるようすすめても負担をかけたくないからと家に戻ろうとはしません。

スアが流産したと聞いてジテはスアを休ませ、わかめスープを作ります。

実際には流産はしていなくて、ジテの気持ちを確かめるためにスアが嘘をついていたのでした。子供を産むことを決めたスアに感謝してジテは喜びます。

ある日ドギョンとジアンはチェ家夫妻に別々に呼び出されます。

お互いに知らずに約束の場所にいくと、個室ではミョンヒとジェソンが待っていてテーブルに着くと、今日呼び出したのは二人の結婚を許すためだと言われます。

第44話・感想

ドギョンとジアンの最初のデートで地下鉄に乗った二人、「恋人たちは皆このドアに近い隅に立つんだよ」とジアンを引っ張って連れていくドギョンはかわいいくて思わず笑ってしまいます。

楽しそうにデートする二人を見ていると本当にお似合いのカップルに見えます。

ミョンヒはドギョンとジアンの結婚を許可するのには何か魂胆がありそうですね。

普通に結婚を許す感じではありません。何かはわかりませんが、条件とかがあるに決まっています。

Sponsored Links