Sponsored Links

【第13話】

第13話・あらすじ

父がミヨンと付き合うことが許せないソナは父に文句を言いにいきます。

ヒョソブは「年を取ったら死んだように生きていかないといけないのか?この年になっても心は死んでいないし、ちゃんと感じるんだ」といいます。

翌朝靴屋にいる父にお弁当を届けて、ミヨンに対する父の気持ちを尊重し、二人を応援するというユハ。

ソナはミヨンに電話して会います。

できれば父とはもう会わずに私たち家族をそっとしておいてほしいと頼みますが、ミヨンは問題は私とヒョソブではなく彼はあなたのことが一番心配の種だというのでした。

チャングに病院の医科長たちを集めた席で新病院投資誘致チームの責任者だと紹介され、改革企画書を用意したユハは経費節減を訴えます。

ヒョソブの親友アドンホの妻イルスンは、手伝っている金持ち奥様のお供で高価な壷を運んできたのがミヨンに家で驚いて壷を落としてクビになってしまいます。

そこでミヨンは家のことは絶対に秘密にするという条件で家政婦として雇うことにします。

店を訪れたミヨンをヒョソブは車で送りますが、すぐ前を自転車が横切って急ブレーキを踏んだため後続の車から降りて文句を言って来たのがミヨンの息子ムンシクでした。

第13話・感想

ミヨンとの付き合いを反対するソナに「年を取っても心は若いときと同じように感じるんだ」というヒョソブの言葉は重みがありますね。

同世代の誰もが共感することでしょう。

ヒョソブの家族や友人はミヨンが一体どんな生活をしているのか知りたくてたまりません。

今回おしゃべり好きなイルスンがミヨンの家政婦として働くことになったので秘密が明かされるのもまもなくだという感じがします。

Sponsored Links

【第14話】

第14話・あらすじ

気まずい状況で息子とヒョソブを紹介することもできず、ミヨンはヒョソブの車を発進させて家に帰ってしまいます。

ヒョソブが帰宅すると双子の二人が携帯で撮られた写真を見ています。

それはヒョナがミヨンの後をつけて撮ったものでジェヒョンの会社でムンシクとミヨンの写真でした。


ソナはギョンスの母アミが父の店を訪れたことを後から知ってアミに会いに行き、息子を奪ってやると脅しましたが、そんなことはできそうもないから別れようとギョンスに提案します。

ユハはウンテを美術館に連れて行き、ウンテが展示中の作品のガイダンスについて間違いを指摘したことでオーナーに感謝されて支援金を募る道が開かれました。

ダヨンは会社でジェヒョンがムンシクから正しい扱いを受けていないのを見て、学生時代自分が太っていて男子生徒からいじめを受けていたときにジェヒョンが助けてくれたことを思い出して会社のジムにいたムンシクにバケツに入れた水をかけます。

ギョンスと別れたことを聞いたヒョソブは外のベンチにいるソナの隣に座り「つらいだろう、つらいときは泣けばいいんだ」と言って一緒に泣きます。

ヒョナが父を探して靴店に行きますが、父は外出していてその場にいたイルスンは、不注意からミヨンの実の姿を話してしまいます。会社の集会でミヨンは

大株主として挨拶をしますが、その場にヒョソブがいてスピーチを聞いているのをみて驚くミヨンです。

第14話・感想

ヒョソブの車を運転して返しに来たミヨンですが、車をこすってしまいます。

車より君がだいじょうぶなのかと聞かれ、「誰かに心配してもらうのっていいわね。

この感じ好きだわ」と言うミヨン。

ミヨンって自然体で且つ自分の感情にとても正直な人なのですね。

ヒョソブがデートで取ってくれたぬいぐるみを大事にして話しかけたり、本当可愛い女性です。

この回でまずヒョナがそしてヒョソブもミヨンの正体を知ります。

ヒョソブは一体どう思ったのでしょうか。

Sponsored Links