Sponsored Links

【第17話】

第17話・あらすじ

父の遺言ともなったビデオを見ていてウンテは床に座ってしまいます。

ユハが駆け寄ってもう充分だから行きましょうと誘いますが、ウンテはその場に止まり壇上で締めくくりのスピーチをします。

「芸術と医療は人々の痛みを癒すことができるのです」というウンテの言葉を聞き満足げに頷く館長でした。

ウンテとユハに出し抜かれた感じになったチャングは怒りますが、妻でウンテの姉であるジニはプレスへのトラウマを知っているので帰宅した弟を心配します。

ウンテから父のお墓参りに行くということを聞いて安心します。

ある夜家を覗いている変な男がいると騒ぎになって確かめるとソナの別れた恋人ギョンスでした。

ギョンスは会社ではまともに顔が見れないからせめてちゃんと顔だけでも見たくて来たのだと言います。

その後ギョンスはソナへのストレスで倒れて入院してしまいます。

ジェヒョンが探している書類をダヨンが差し出します。

ジェヒョンはお礼にコーヒーを入れて一緒に飲みます。

「最初は君のこと幼稚だと思ったけれど、本当はとても思慮深い人だね」と褒めます。

ミヨンが胃がんかもしれないのに何で会いに行かないのとヒョナに言われヒョソブはすぐさま病院に向かいます。

「昔君のことが好きだった。20年たった今でも君のことが好きだ。」と告白してミヨンを抱きしめます。

第17話・感想

プレス対応後に倒れたウンテを介抱するユハ、病院のベッドで目覚めたウンテは父とのことをユハに告白しますが、二人の距離がグンと縮まっていい感じですね。

ヒョソブも結局自分の気持ちと向き合ってミヨンへの愛を確認します。老いらくの恋、決して悪くはありませんね、素敵です。

Sponsored Links

【第18話】

第18話・あらすじ

ミヨンは一人で結果を聞くのが怖かったけれどもう大丈夫と言って一緒に検査結果を聞きに行きます。

ガンでは良性の腫瘍だったので安心する二人でした。

イルスンから母のことを機器出したムンシクはミヨンを見舞いますが、寝言でヒョソブに名を呼び、自分でなくヒョソブに連絡したことにショックを受けます。

病院から帰宅したヒョソブは待っていた子供たちを座らせて「今日から俺はミヨンと付き合う。反対は一切受け付けない」と宣言します。

チャングはヘア物産の理事であるユハの元夫の姉からユハがずっと以前に離婚していたことを聞いて激怒します。

たとえ離婚を隠していたとしても法的に彼女に対処することはできないと弁護士から確認して余計にいらついています。

ダヨンはジェヒョンが優しくしてくれるたびにどう反応していいかわからず困っています。

通勤途中で一緒になったときも靴ヒモがほどけていると、しゃがんで結んでくれて、ありがとうも言わずにその場を去ってしまうダヨン。

ムンシクは実の母と会っています。その席で僕を捨ててミヨンに預けてくれたことに感謝していると言いながら封筒に入れた現金と自分がしていた腕時計を母に与えます。

ユハを追い出したいと思っているチャングは医師たちを集めてユハのレポートを発表するとしてセミナーを開き、そこでユハに資金提供してくれるのはヘア物産なのだからご主人も連れてくるべきで、そうできないのなら理由を聞きたいと詰め寄ったところでウンテが登場します。

第18話・感想

ソナとの結婚を許さずに息子と別れさせた母アミがヒョソブとミヨンの交際に興味深々で、もしかしたらリッチな家族ができるからソナとの結婚をすすめたりするのでは?

一方父とミヨンとの交際を祝福しているヒョナはミヨンに1日だけ自分の母親として付き合ってほしいと頼んで勤務先のデパートに腕を組んで訪れVVIPのミヨンを母親として見せ付けるなんて可愛いですね。

Sponsored Links