Sponsored Links

【第25話】

第25話・あらすじ

ムンシクは、とうとう本性を現して、ヒョソブに向けて指をさしながら「絶対に母と一緒になることはできない!」と声を荒げます。

更に自分はヒョソブが必要とするものを全て持っている、ヒョソブの家、病院とのコネクション、ヒョソブの息子をクビにするだけのパワー。

それらをミヨンと結婚することで失ってもいいのかと脅され呆然とするヒョソブ。

ムンシクはヒョソブの店をあとにして自分の幼い頃を思い出します。

それは初めて父に連れられてミヨンに会った日のことでした。

それ以来ムンシクにとってミヨンはかけがえのない存在でヒョソブにとられるのは耐えられないことなのです。

一方ヒョソブはミヨンにあって自分がムンシクにとって何か問題があるだろうかと聞いたときに、彼はあなたのことは大好きよという言葉で結局何も言うことはできませんでした。

ジェヒョンとダヨンはやっと二人で話をする機会を持ちます。

心通わす二人ですが互いにどれだけ惹かれているか気がついていなくてちょっとした相手の言動にときめいてしまいます。

出国の準備をしているウンテはヒョソプの店を訪れます。

ヒョソブは自分が作った靴をプレゼントしながら別れを惜しみます。

ムンシクはある日ヒョソプについて侮辱してジェヒョンは激怒して殴りかかりますが、それを聞いていたミヨンがムンシクにどういうことなのか問います。

自分が本当の息子でないことをジェヒョンに知られたことが発端だと説明して、ヒョソブに何と言ったかは今彼が来るからじかに聞けばいいと言うムンシク。

第25話・感想

いよいよムンシクはヒョソブとミヨンの結婚に真っ向から反対してきました。

彼は随分と屈折した心の持ち主のようです。

ウンテは別れがよりつらくなると思ったせいかユハには何も言わずにとうとう行ってしまいましたね。

Sponsored Links

【第26話】

第26話・あらすじ

帰宅したムンシクとミヨン。

ムンシクはミヨンにあなたたちの結婚に反対すると宣言します。

今まであなたの言うことには敬意をはらってきたけれど、今回は認められないと言うのです。

そんな激しいムンシクの反対に困惑するミヨン。

一方ヒョソプとジェヒョンも家に帰って結婚について言い争いになります。

ジェヒョンはどうしてもあんな男、ムンシクと家族になるなんて納得できないと。

その後ジェヒョンはムンシクを呼び出します。

ムンシクはこのままヒョソブが母との結婚を止めなければ自分は次の手を打つから、君は父親を止めろと言います。

またミヨンとヒョソプも話し合いますが、それぞれの息子への思いが強くわかり合うことができませんでした。

アフリカへ渡ったウンテは、姉一家とビデオ通話で元気な様子を知らせます。

その頃ウンスはウンテがユハに内緒で約束した100日のカウントダウンをカレンダーに×印をつけていました。

ギョンスはヒョソブの家に挨拶に行きます。

ジェヒョンとヒョナは彼を苛めますがユハに咎められ、会食はヒョソブとソナが酔っ払って終わります。

後日ソナはギョンスの母アミのところへ挨拶に行きますが以前と違ってすっかり打ち解けてうまくいくようです。

ユハがウンテのことを考えているときに目の前にウンテが現れ、彼女は彼の頬を叩いて抱きつきます。

自分にだけなぜ電話もくれなかったと非難するユハをしっかりと抱きしめるウンテ。

ムンシクは自分の野望を達成すべく株主総会に向けて、ミヨンには内緒で裏で暗躍していました。

どうしても母と別れさせたいムンシクは土地契約書と引き換えにヒョソブに条件を出します。

第26話・感想

それにしてもムンシクの母ミヨンへの愛着、というより執着は、彼が裏でしていることを見たら病的ともいえますね。

どのような形で問題が解決されていくのでしょうか、興味がつきません。

Sponsored Links