Sponsored Links

【第31話】

第31話・あらすじ

ムンシクが挨拶しているところにヒョソブも加わり、ジェヒョン、ヒョナ、ムンシクそれぞれが気まずい雰囲気の中で夕食が始まります。

後でヒョソブとミヨンは家族に対しての決断がこれでいいのかと検討しますが、とりあえず様子を見ようということで、ウンテのサポートもありユハは病院で医師として働くことになります。

初日の挨拶が済んで朝のミーティングで仕事に対するウンテの厳しい態度にユハは戸惑います。

同僚にウンテの態度に関して質問すると今日のチーフは穏やかな方ですよと言われて驚くユハ。

ヒョソブの家に移り住んでからミヨンは毎朝ドライブして元の自分の家のバスルームを使っているが、ヒョソブの家では毎朝誰が先にバスルームを使うが争奪戦が起こっていたようです。

友人からそれを聞いたヒョソブは考え込んでしまいます。

以前と生活も変わりミヨンが退屈していないか心配するヒョソブですが、いつもミヨンの傍にいることを約束します。

ソナはギョンスとやさしくなった姑アミと3人の快適な共同生活を楽しんでいます。

何度かのすれ違いのあとでやっとジェヒョンとダヨンは二人の時間を持ち、君のことが好きだからデートしたいと告白し、やっと気持ちが通じて手を握って喜んだ。

ユハがウンテと屋台で飲んでいるときヒョソブとミヨンがそこにやって来ます。

4人で一緒に飲みますが、ヒョソブはユハが付き合っているのがウンテとわかってとても満足でした。

ある日ユハがウンスを幼稚園に連れて行く途中で元夫ソンウンが現れウンスは喜んで抱きつきます。

ウンスに会いたかったという彼に一緒にいたときはウンスを避けて行ったのに「今更なぜ」と思うユハ。

第31話・感想

海外でビジネスをしていたユハの元夫が韓国に戻ってきましたね。

しかも、二人の前に現れるってことは、もしかしてこれから一緒に暮らす運命になるのか…。

Sponsored Links

【第32話】

第32話・あらすじ

ジニはユハを呼び出し二人きりで会って、ウンテとの付き合いは認めるけれどウンスのことは手放すように勧めます。

「ウンテは私(ユハ)のために自分の生涯の夢を諦めたのだから、あなたもウンテと一緒になりたいのならそれなりの犠牲を払わなければ」と言う。

ある夜ミヨンは悪夢にうなされヒョソブに起こされますが、今は一人ではなく傍にヒョソブがいてくれることに感謝しながら眠りにつきます。

ヒョナはアルバイト先のレストランのワイン券をジェヒョンに渡すと、ジェヒョンから誘われたダヨンが先に来てヒョナとジェヒョンの仲を疑って自分がジェヒョンの彼女だとヒョナに向かって主張します。

そこへジェヒョンが現れヒョナが実の妹だということがわかり、恥ずかしくてたまらないダヨン。

ユハの元夫ソンウンはユハに電話してウンスと会う機会を作ってくれるよう頼みます。

ムンシクはヒョソブに次のディナーと泊まるのも確認して、どんなに嫌でも6ヶ月間は我慢しようと心に決めます。

ディナーが終って泊まる部屋でも散々揉めますが、ジェヒョンもヒョナもしぶしぶ受け入れます。

翌朝ミヨンは朝食を食べていくよう勧めますが、それは条件には入っていないと言って出て行くムンシク。

ジニはユハと再び会いユハの答えを聞きますが、ユハは娘も手放さないしウンテとも別れないと宣言します。

ジニは帰宅してウンテにそのことを報告するとウンテは姉に激怒します。

後日ジニはユハをウンテも一緒の家族ディナーに招待し、ディナー当日、ウンテがお見合いをするはずだった女性の母親が来ていました。

あとからウンテはウンスを抱いて入り、そして「僕の娘を紹介します」と言ったのだった。

第32話・感想

ウンテが姉の設けたディナーの席にウンスを連れて来て自分の娘だと紹介したのには驚きました!!

これは一波乱も二波乱も起きそうですね。

きっと、姉の紹介するお見合いを阻止してユハと一緒になることを覚悟した意味合いなのでしょうね!これからどんな展開に発展していくのかハラハラしますね♪

Sponsored Links