Sponsored Links

【第35話】

第35話・あらすじ

ウンテはユハと自分が同じ時期に同じところにいたことがわかり、「何と言う幸運な偶然だ、僕たちには縁があったんだね」と言って喜びます。

ソンウンはドナーのことを何か知っていてユハには嘘をついていることはわかっています。

ユハは真実を追究しようと決心します。

アルバイトのレストランでオーナーが再びヒョナを気遣ってくれて、また車で送ってくれることを期待してバス停で待つヒョナの前に予想通り彼は車で現れて車で送ります。

ある朝職場でダヨンがエレベーターに乗るのを避けているのを見たジェヒョンは彼女の手を握ってふたりでエレベーターに乗り込みトラウマから開放される手助けをします。

仕事が終って手を繋いで帰る二人をジニが車の中から見て、家に帰ってすぐにウンテに問いただします。

そして娘と手を繋いで歩いていたのがユハの弟だと聞きショックを受けるジニ。

ダヨンはムンシクに会ってはっきりと彼の申し出を受け入れるつもりがないという意思を伝えます。

そしてジェヒョンに会社での仕事を続けないことを告げます。

そのまま会社に残ってムンシクが二人とのことを知ったらジェヒョンにどんな酷い仕打ちをするかわからないと思ってからでした。

ソンウンはユハとの間で、ウンスとまる1日過ごして翌日返すという取り決めをします。

ヘア物産では姉のヒギョンから頼んでおいたウンスのパスポートと航空券を受け取ります。

ヒギョンはもうこれでユハの家族とは一切関わらないと念をおします。

ウンスはソンウンと一緒に過ごす日、ホテルに着くとすぐ具合が悪くなり、ウンスはウンテに電話して助けを求めます。

急遽ウンテはホテルに向かい緊急で部屋に押入り意識不明のウンスを見つけます。

ヒョソブとユハも部屋に到着して、ウンテは急いでウンスを病院に連れて行きます。

Sponsored Links

第35話・感想

この回ではまだわかりませんが、察するにウンスとウンテは本当の親娘なのでしょう。

それにしても内緒でウンスを国外に連れて行こうとするソンウンはどんな神経をしているのか理解に苦しみます。

【第36話】

第36話・あらすじ

ウンテの輸血と治療によってウンスは危機を脱します。

ユハはソンウンがウンスを海外に連れて行こうとしたことを知り猛烈に怒ります。

そしてウンテとウンスをDNA鑑定に出したことを告げます。

ムンシクはダヨンを呼び出し、君のことが好きなのになぜ僕を嫌うのかと問います。

ダヨンはあなたを嫌っているわけではないけれど、今後あなたを好きになることはないし、私には思っている人がいると告白します。

ジニはダヨンと手を繋いで家まで送ってきたジェヒョンを呼び止めカフェに入って話をします。

質問に対するジェヒョンの答えに満足して帰るジニ。

ある夜ムンシクが酔っぱらってヒョソブの家に来ます。

ジェヒョンが相手をしますが、どうしてそんなに飲んだのかと聞くと好きな女性にふられたからだというムンシクに同情します。

好きな女性がダヨンだとは知らないジェヒョンは断られても何度でもトライすべきとアドバイスします。

アミは息子の職場移動があってギョンスが毎日忙しく働いていること、ヒョソブとミヨンが結婚しないことなど面白くなくて仕事から帰ってきて休んでいるギョンスに愚痴をこぼします。

ユハはウンテとウンスのDNA鑑定の結果を受け取ります。同じ頃ウンスを見舞ったあとでソンウンは話があると言ってウンテを呼び出していました。

第36話・感想

DNA鑑定の結果ウンテとウンスが親子であることが判明します。

ウンスは肉親、それも父親と娘間の輸血が病気のリスクを高めるということで心配です。

また、思わず引き込まれて見てしまうほどウンス役の女の子の演技上手ですね。

Sponsored Links